COLUMN コラム

2020年12月29日構築

市島

市島

Sitecore PCMで実現する製品情報管理(PIM)

Sitecore PCMで実現する製品情報管理(PIM)

Sitecore PCM(Product Content Management)は、製品コンテンツ管理のためのツールです。
Sitecore(サイトコア)社が2019年にリリースしたSitecore Content Hubのコンポーネントととして誕生しました。

01.
Sitecore DAMとの連携でより柔軟な製品管理を

Sitecore DAM
(デジタルアセット管理)
Sitecore MRM
(マーケティングリソースマネージャー)
Sitecore CMP
(コンテンツ マーケティングプラットフォーム)
Sitecore PCM
(製品コンテンツ管理)
Sitecore W2P
(Web-to-print)
保存、管理、配信などのデジタルアセットの管理 予算、すべてのマーケティングプロジェクトのフェーズを管理 コンテンツ戦略の策定、計画、制作や配信 EC/Webやアプリで利用するすべての製品情報に関する管理 ユーザーにセルフサービスの制作物の自動製作プロセスを提供

Sitecore Content Hubは5つのパワフルなコンポーネントから構成されています。その中でSitecore PCMはSitecore DAMを契約すると使える機能になります。

Sitecore DAMはコンテンツ制作に欠かせない画像や動画といったアセットを一元管理し、デジタル資産として管理するソリューションです。
Sitecore PCMはSitecore DAMに登録されたアセットと連携することで、より柔軟に製品情報を管理することができます。例えばPower Pointの商品説明データやPDFデータの商品マニュアルなどをSitecore DAMで管理しSitecore PCMと紐づけることで、無駄なデータの複製も防げシームレスに活用していけます。

なお、Sitecore Content Hubについては「Sitecore Content Hub 入門 ~5つの要素を解説!~」にまとめています。

02.
製品情報管理(PIM)のニーズに応えるSitecore PCM

Sitecore PCMは、製品情報一覧の管理からより複雑なデータ構造となる製品情報管理(PIM)として活用していけます。eコマース、Webサイト、印刷カタログ、ERPシステムなどをフィードする製品データ保守を管理・自動化し、常に製品情報を最新の状態で把握することが可能です。
製品情報を部門を超えて共有することで、情報の多重管理やコミュニケーションコストの削減も見込めます。

スキーマの拡張でデータ構造を簡単に設計・運用

製品に対して説明文、モデル、パッキング(パッケージ)、アセット、関連するWebサイトのコンテンツなどの情報を持っており、このデータ構造を定義しているのがスキーマです。
スキーマは拡張も簡単で、製品に対し企業独自の管理項目がある場合もスムーズに追加できます。その際、条件付き項目の設定も定義できるため、最適な成果を達成できます。

システム連携で製品情報活用

Webサービス経由でマスターデータへのアクセスや更新を行うことができます。また、製品情報をExcelで出力する際もカスタマイズが可能です。

03.
まとめ

複数のブランド、数々の製品の正確なデータを維持することは企業にとって大きな課題です。また、デジタルマーケティングに欠かせないコンテンツ戦略をあわせるとそれらはさらに複雑になります。
Sitecore PCMは、製品ライフサイクルの要点をおさえ製品の管理を支援します。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00