COLUMN コラム

2020年12月23日構築

丹野

丹野

SitecoreCMS構築の費用をどこよりも詳しくご紹介。簡易概算フォーム作りました。

Sitecoreの導入実績トップレベルのLYZONが、SitecoreCMS構築の価格についてお話します。

LYZONでは、数多くのSitecoreの構築・導入・運用をサポートしてきました。 しかし、SitecoreCMSを構築するにあたって費用に関する情報は少なく不安に思うお客様も多いのではないでしょうか。検討中のお客様の中には、Sitecoreの構築費用に対して高いイメージを持たれている方も多いと思いますが実際はどうなのでしょうか。そんな方々のために、Sitecoreの導入実績トップレベルのLYZONが価格についてまとめましたので、Sitecore導入をお考えの方、ライセンスやCMS構築費用を知りたい方は是非読んでください。

Sitecore導入費用のポイント

Sitecoreを導入する際に、発生する費用はどのように計算すればいいのでしょうか。まず、概算を出すには、主にSitecoreのライセンス料と構築費用の2点がポイントとなります。Sitecoreは有料のCMSです。 どんな機能を重視したいかによって、ライセンスの価格が大きく変化します。また、CMS構築費用では、サイトの規模やデザインの制作、コンテンツの開発など様々な見積もり項目があります。LYZONの豊富な経験をもとにSitecoreの導入費用のポイントについて説明していきたいと思います。

01.
Sitecoreのライセンス費用について

まず、Sitecoreは有償のCMSの為、構築のためにはライセンスの購入が必要になります。Sirecoreのライセンスは3種類のソリューションに大別され、コンテンツ管理機能、EC機能、マーケティング機能、それぞれどの機能を必要とするかで価格帯が大きく変化します。

1.Experience Management (XM) ………コンテンツ管理機能です。世界最大規模で信頼されているWebコンテンツ管理システムです。

2.Experience Platform (XP) ……… マーケティング機能です。顧客データ、アナリティクス、MA機能を組み合わせて、パーソナライズされたコンテンツをリアルタイムに演出します。

3. Experience Commerce (XC) ……… EC機能です。クラウドベースのエンタープライズECプラットフォームで、ECサイトとしての機能を扱うことができます。


Sitecoreはパーペチュアル版とサブスクリプション版があります。

・パーペチュアル版

パーペチュアル版では、1年目に多くの金額を払い、その後、20%ずつ払い続けることで使用し続けることができます。 しかし、パーペチュアル版ではサーバー数に依存します。

・サブスクリプション版

セッション数(≒サイトに訪れるユーザー数)により年間の費用が大きく変わります。それに伴いプランを変える必要があるため、LYZONでは最適なプランを提案させていただきます。 環境数同時にアクセスする人数により費用が変動します。 ユーザー数をマルチドメインで管理します。サブドメインはカウントされません。 メインの上限があります。 ドメイン数で費用の変動がしますが、費用の影響は少ないです。

※サーバー台数には依存しません。

02.
Sitecoreの構築費について

LYZONでは、Sitecoreの構築標準化を進めています。標準化とは、毎回のプロジェクトをイチから進めるのではなく、プロジェクトの度に新たに生み出したモジュール等を活用し、これからサービスをご提供するお客様へ、より確実に、より価格を抑えられるよう工夫を重ねております。 また、SitecoreCMSの構築では、様々な項目で価格の変化がございます。各項目について説明いたします。

費用の変化する4つのポイント

上記に細かくポイントを説明させていただいたのですが、構築費用の変化量の大きい4つのポイントをご紹介します。順位が上の方が、より変化量が大きくなります。

1.スコープの違い:
コンサルティング・戦略策定から支援するか、SitecoreのCMS設計・開発だけを支援するかで、大きく変わります。

2.機能開発の違い:
CMSの基本機能以外の機能開発(外部システムとの連携開発、CMS管理機能の追加・カスタマイズ、Web画面上の検索機能、等)の有無で、大きく変わります。

3.ボリュームの違い:
100ページのサイトと10,000ページのサイトでは、コンテンツの入れ込み作業やテスト作業等で、大きく変わります。

4.CMSテンプレートの難度の違い:
構築するサイトの性質により、あるべきテンプレートの開発数や難度が違うので、それにより費用も大きく変わります(一般的なコーポレートサイト vs. ポータルサイト、等)。

03.
CMS構築で見抜かなければいけないポイント

1.なぜ高機能CMSの見積もりが高いのか?

コンテンツ管理からマーケティングの統合プラットフォームとして利用できるようになった高機能CMSは、設定する項目や機能が多く、拡張性が高い分、設定項目も多くなります。

例えば、マッサージチェアをイメージして頂くと古い機種はスイッチのオンオフのみですが、最新機種は強さや位置など設定を細かくできるものです。最新機種を有効に活用すれば、その効果は大きいですが、うまく設定できなければ、効果がありません。

低機能CMS



コンテンツ管理
(デザインとコンテンツの分離無し)

高機能CMS

  • デザインとコンテンツの分離
  • アクセス解析からメールマーケティング
    支援
  • MAやパーソナライズの機能
  • SFA、CRMや基幹システムと
    連携可能

  • その他にもメリットは多々あります。
    〇グループ統合、多地域多言語対応
    〇ワークフローなどのコンテンツ承認の
    STEP
    〇セキュリティの強化、GDPR対応
    〇パフォーマンスの実現
    ・・・・

    2.高機能CMSの開発見積もりには何が含まれているか?

    あまり大型のCMS構築の見積もりをもらう機会は少ないと思います。その際に表面的な見積もりの項目に目を奪われますが、発注する際はぜひ、その見積もりに含まれている価値を見定めて頂きたいです。見逃しがちの観点を下記にて説明します。

    ①その見積もりのコンテンジェンシー予備の費用は適切か?
    ②本体と下請け会社(子会社など)でどこまで連携できるか?
    ③見積もりの前提となる開発レベルは本当に同じか?

    ①その見積もりのコンテンジェンシー予備の費用は適切か?

    大型のプロジェクトには、必ずリスクを想定したコンテンジェンシー予備やマネジメント予備の費用が積まれています。大手のベンダーに依頼する理由の1つとして、失敗の許されないプロジェクトを最後まで遂行してもらうための保険のようなコストを積むことが一般的です。

    日本のプロジェクト管理ではコンテンジェンシー予備やマネジメント予備の明細は表に出ることはあまりありませんが、大型のプロジェクトには欠かせない物です。 これ自体はPMBOKなどにもあるように、必ず必要なコストです。しかし、その規模や金額が適切なのか、有事にしっかりと役割を果たしてくれるのかを依頼する側は見極めなければいけません。

    また、どれだけ同規模の同種のプロジェクトを多く経験しているかでこのコンテンジェンシー予備やマネジメント予備の費用は大きく変動します。LYZONでは実績が多く、マネジメント予備やコンテンジェンシー予備の費用を最小化することができます。

    ②本体とパートナー会社(子会社など)でどこまで連携できるか?

    プロジェクトの規模が大きくなると、1社だけですべてを遂行することが難しくなります。 実際にSitecoreのプロジェクトは規模が大きく、弊社もSIerと組んで遂行するプロジェクトが多いです。 連携してプロジェクトを進めること自体は全く問題がありませんが、やはり、本体とパートナー会社(下請け会社)でどれだけ連携がうまくできているかは重要なポイントになります。 連携のリスクは非常に大きくそれ自体がコストに反映されるからです。

    1.連携実績は豊富にあるのか?なくともその会社が連携に慣れている会社か?

    2.マネジメントする側にSitecoreの知識が十分にあるか?

    3.責任範囲をどのようにコントロールしているか?



    ③見積もりの前提となる開発レベルは本当に同じか?


    CMS構築はサイトを構築するという観点では最終成果物はWEBサイトですが、それを実現する上でのCMSの構造ではピンからキリまでの差があります。

    テンプレートの構築でも「べた張り」方式とフィールドを細かく分ける方式で実際の工数は10倍以上の差が出ます。ただ、依頼する側は、依頼時点にその違いを見極めることが難しく、提案の話でもそこが評価ポイントにならないことが多いです。 実はこの方式の違いこそがその後の運用効率化やDXの促進につながる重要なポイントなのですが、お客様が重要視しないこともあり、論点になりにくいです。 高いコストをとっても左側の方式で見積もっているケースがあります。そのため、出てきた成果を見た時に、「こんなものか」となってしまうことが多々あります。




    難しいのが、ケースによっては部分的に「べた張り」方式もよい場合もあるので、設計ミスであると指摘はしにくい点です。「予算とスケジュールの関係」となりますが、間違いなく最初から弊社に依頼していただければ、その「予算とスケジュールの関係」の問題にすることなく質の良いサイトを構築することが可能です。


    04.
    簡易概算フォーム

    Sitecore 費用お見積りフォーム

    事業者の氏名または名称

    株式会社LYZON

    個人情報保護管理者

    株式会社LYZON Tel: 03-5803-0588

    個人情報の利用目的

    当社は、ホームページ上で個人情報を登録していただくサイトを設けております。ご登録いただいた個人情報は、以下の利用目的で使用します。

    1. 当社のメールマガジンの配信のため。
    2. 当社の製品・サービスに関してお問合せをいただいた内容にご回答するため。
    3. 当社のセミナー等におけるアンケートの分析、お問合せ、及びお尋ねに対する回答。
    4. 当社の発行する技術資料等のご購入申込みの受付のため。
    5. 当社の中途採用募集による採用業務のため。
    6. 当社の事業に関してご請求いただいた各種資料をご発送するため。
    7. 当社のサービスのご案内・サポート情報をご提供するため。
    8. 当社が個人情報取扱業務を受託した場合は、受託業務の達成に必要な範囲内において使用するため。
    9. 当社のお取引様からご提供いただいた技術者の職務経歴情報等を自社内業務に使用するため。
    10. 当社の従業者管理及び新卒採用業務のため。

    個人情報の第三者提供について

    取得した個人情報は法令等による場合を除いて第三者に提供することはありません。

    個人情報の取扱いの委託について

    お客様にご提供いただいた個人情報は、上記「個人情報の利用目的」に必要な範囲で、会社の外部委託先に全部又は一部を委託することがあります。保有する個人情報を使用する業務を外部委託するときは、個人情報保護に関する当社の選定基準に基づき委託業者の選定、契約及び適切な管理・監督により個人情報保護を徹底します。

    登録情報に関する必須、任意の区別について

    ご登録を希望される方は、当社が登録のために必須としている情報を、もれなく正確に入力・ 提供していただく必要があります。必要な情報の提供がない場合には、提供目的の登録が できない場合がございますのでご了承願います。任意の情報については、ご登録者ご自身で ご判断いただき入力・提供をお願いします。登録いただいた任意情報は、他の情報と同様に 当社の基準に従って取扱います。

    個人情報の取得

    当社は、登録フォームに入力された氏名、住所、電話番号、Eメール、その他特定の個人を 識別できる情報(以下、「個人情報」といいます)を、それぞれの登録サイト取得いたします。 当社は、個人情報に関する法律、国が定める指針及びその他の規範に基づき、登録提供 された個人情報を以下のように取扱います。

    個人情報の利用

    • 当社は、登録された個人情報を、当該サイトの目的のみに利用いたします。
    • 当社は、取得した個人情報は当該サイトの目的以外には一切使用いたしません。
    • 当社は、以下の場合を除き、取得した個人情報を登録されたご本人の事前同意を得ることなく、 第三者に開示、あるいは提供はいたしません。
    • 法的な手段により開示の要求があった場合
    • 警察、司法当局等の機関から開示を求められた場合

    個人情報の適正管理

    当社は、取得した個人情報に関して、合理的な安全対策を講ずるとともに、正確かつ最新の 状態で管理します。

    個人情報の取扱いに関する苦情の申し出先

    株式会社LYZON 苦情・相談窓口
    TEL: 03-5803-0588
    E-mail: info@lyzon.co.jp

    個人情報に関する開示、訂正、削除等

    当社は、登録した個人情報に関して、利用目的の通知、開示、訂正、追加、削除、及び第三者 への提供の停止のご要求(以下、「開示等」といいます)に対して、ご本人であることを確認後、 合理的な範囲で速やかに対応いたします。各登録サイトに関する開示等については、下記のサイトをご覧のうえ、お申し出ください。

    個人情報に関するお問合せ: https://sitecore.lyzon.co.jp/privacypolicy.aspx

    個人情報の取扱いに関する同意

    お問い合わせ・資料請求

    LYZONにご相談下さい

    ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

    お電話でのお問い合わせ

    03-5803-0587平日9:00~18:00