COLUMN コラム

2020年2月17日構築

市島

Sitecore Experience Commerceで作る顧客体験とEC戦略

Sitecore Experience Commerceは、クラウドベースのエンタープライズECプラットフォームです。
CMSとコマースをひとつのプラットフォームに統合しているため、CMSの延長でABテストやコンテンツごとのパーソナライズといったデジタルマーケティングが実現可能です。
また、カート機能・アカウント作成など従来のECサイト機能にとどまらず、在庫管理やPIM、カタログ作成・変更・管理、顧客情報管理、注文処理、プロモーションなど、ECサイトに必要なあらゆる機能を標準で備えています。

01.
Sitecore Experience Cloudの概要とSitecore Experience Commerceの機能

Sitecore Experience Cloudの概要とSitecore Experience Commerceの機能

Sitecore Experience Cloudは、4つの製品から構成されており、Sitecore Experience Commerceはそのひとつです。Sitecore Experience Cloudから、Experience Management (XM)、Experience Platform (XP)、Sitecore Experience Commerce(XC)の機能を紹介します。

Experience Management (XM)でコンテンツを管理し、Experience Platform (XP)でパーソナライズをはじめとするデジタルマーケティング機能が搭載されています。それを内包する形でSitecore Experience Commerce(XC)が位置し、ECサイトに特化した機能を持っています。

02.
カスタマージャーニー、すべてのタッチポイントで販売促進を

サイト訪問からサイト内の閲覧行動、購入または離脱履歴に至るまで、カスタマージャーニーであらゆるタッチポイントに販売促進が可能です。

例えば、数回サイトを訪問した顧客に行動履歴にもとづきTOPページをパーソナライズする、カートから離脱したユーザーへ数日後メールを配信するなど、顧客のステージによって対策を分ける施策が簡単に設定できます。
Sitecore Experience Commerceは標準テンプレートが準備されているため、すぐに販売促進がスタートできます。

03.
LYZONが提案する、強固な顧客体験

Sitecore Experience Commerceが大切にしているのは「顧客」です。
これまで実店舗で接客を受けていたように、オンラインでもコンテキストに沿った顧客体験を目指しています。ECサイトのパーソナライズと聞くと、関連商品のレコメンドやアップセルが思いつくかもしれません。ですが、Sitecore Experience Commerceでは従来のパーソナライズ以上の、新しい顧客体験を実現できます。
LYZONでは、Sitecore Experience Commerceの機能を使ったユニークな顧客体験をご提案しています。

価格交渉

例えば買い物は実店舗まで出かけていた頃、量販店などで販売員に「今買ってくれれば値下げしますよ」と言われた経験はないでしょうか?
Sitecore Experience Commerceでは、それと全く同じ体験が可能です。顧客の行動履歴を解析し「今だけ値下げ」などの価格調整をすることで、強固な顧客体験を演出することができます。

買い切り商品と定期購入商品

ECサイトでは、商品は買い切り商品と定期購入品に二分されます。
買い切り商品は一度購入すればしばらくは購入しないもの、例えば家電製品や家具などです。
定期購入商品は一定の周期で同じ商品を購入するもの、例えば化粧水や、オフィスで使用するコピー用紙などです。

買い切り商品と定期購入商品、その多くはひとつのECサイトで扱われています。2パターンの売り方、商品に対しての管理は煩雑になりがちで、最適なパーソナライズは更にハードルが上がります。
ですが、Sitecore Experience Commerceを使えばそれぞれに最適化された顧客体験が容易に設定出来ます。

04.
Sitecore独自の機能とECサイトとのマッチング

以前「Sitecore導入で運用コストを抑える5つの仕組み」でも書いたように、Sitecoreには非エンジニアでもコンテンツ作成が容易なSXA機能や、見たまま編集ができるエクスペリエンスエディターが搭載されています。
こういった効率的なコンテンツ管理に加え、グローバル対応(多言語・多地域対応)や多デバイス対応、アナリティクスも備えており、SitecoreとECサイトとの相性の良さも見逃せません。
特に多言語対応は通貨にも対応しています。

05.
Sitecore Experience Commerceの決済サービス

Sitecoreはグローバル企業のため、日本独自の決済サービスに対応しきれていないという弱点があります。
それを受けて、Sitecoreは2019年7月にソフトバンク子会社のSBペイメントサービス(SBPS)のオンライン決済サービスを採用すると発表しました。
※2020年2月現在開発中

SBPSは「Visa」「Mastercard」「UnionPay(銀聯)」のライセンスを保有しています。
今後はクレジットカード決済のみにとどまらず、キャリア決済、コンビニ決済など、キャッシュレス需要に対応していくと予想されます。

06.
まとめ

消費行動がオンラインに移っている今、顧客はECサイトでのショッピング体験を重視しています。
消費者は購入時にパーソナライズを重要な要素と見ているという研究結果もありますが、多くの企業は必要なツールとスキルが不足しているのが現状です。

Sitecoreが得意とする顧客データ、アナリティクス、マーケティングオートメーション機能の組み合わせは、ECサイトにおいて親和性が高くSitecore Experience Commerceにも強固に連携されています。
Sitecore Experience Commerceは、適切にパーソナライズされたエクスペリエンスを提供することで「見込み客」を「生涯顧客」へと転換する手助けとなるでしょう。

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00