COLUMN コラム

2021年8月16日運用

吉平

吉平

実はワークフローが実装されていなくてもできるA/Bテスト

本コラムでは、Sitecore(サイトコア)でワークフローが実装されていない状態でもできるA/Bテスト(ページテストレベル)の方法をご紹介します。

01.
ABテストとは

ABテストとは、簡単に言うとAページとBページという別のページを予め用意して、特定の期間でどちらが良い成果を出すことができるのかを検証するものになります。

Sitecoreには、分析やレポート機能も備わっておりSitecore上でABテストをすることができるため、わざわざ他のツールを使って検証する手間が省けます。
これによってPDCAサイクルを早く回し、効果的な施策を実施することができます。

02.
テストの作成方法

「ワークフローが実装されていない状態でABテストはできないか?」とお問い合わせをいただくことがあるのですが、実はワークフローを実装していなくてもテストする方法があります。
それが今回ご説明するページテストになります。

設定方法を解説していきます。
今回はトップページのページテストを実施する想定で作成します。
比較方法は同じアイテムにバージョン1とバージョン2を作成し、その2つのページを出し分けてテストを行います。

1.Sitecoreにログインし、「エクスペリエンスオブティマイザー」を選択する。

2.「エクスペリエンスオブティマイザー」が起動したら左上の「ページテストを作成」ボタンを選択する。

3.「テストするページを選択」と表示されるので、ツリーリストからテストしたいアイテムを選択し、下部の「選択」を選択する。

4.下部の「+」ボタンを選択し、ドロップダウンリストから比較したいバージョンを選ぶ。 今回は一つ前のバージョンと比較する場合で作成する。

5.ページの選択が終わったら、「レビューと開始」を選択する。

6.「レビューと開始」では、テストするページのプレビュー、テストの期待効果、対象、期間などを設定することができる。
設定が完了したら、「テスト開始」を選択し、テストを開始する。

7.テストの結果はレポート画面で確認することができる。

8.開始されたテストは「アクティブテスト」から確認することができる。

以上がABテストの作成方法になります。
テストが完了後、結果を分析し改善を行います。
このようにして効果のある施策はどういうものなのかを知り、アプローチを行うことでコンテンツを最大限生活かすことができます。

03.
おわりに

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
ABテストについて、いかがだったでしょうか。詳細についてもっと知りたい方がいらっしゃいましたら下記フォームからお気軽にご相談いただけましたら幸いです。
コラムではこれからも運用に役立つ情報を配信していきますのでぜひブックマークをお願いします。

まずはLYZONにご相談ください。
「Sitecoreの運用、他の会社に引き継ぎたい」
「Sitecoreを使っているけど、コンテンツ作成の効率が悪い」
「CMSでデジタルマーケティングまでしっかりやりたい」
お問い合わせ
TEL: 03-5803-0587

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00