SERVICE サービス

ヘッドレスCMS

今注目を浴びているヘッドレスCMSについて、ヘッドレスの強みとともにLYZONが説明します。

ヘッドレスCMSとは

ヘッドレスCMSとしても活用できるSitecore(サイトコア)

ヘッドレスCMSは、コンテンツの編集や管理にあたるバックエンドと、Webページやアプリ、各デバイスへの配信を行うフロントエンドにわかれます。 ヘッドレスCMSの仕組みとしては、フロントエンド側で必要なデータをAPIを介してバックエンド側から呼び出す形です。

Sitecoreはエンタープライズ級のサイトでもヘッドレスCMS化が可能です。ヘッドレスCMSを使用することによりフロントエンド開発の自由度が高くなるので、Webページだけでなく、アプリなど様々な形でコンテンツを公開することができます。 Sitecoreのエクスペリエンスエディターを使えば、ページ上のコンテンツコンポーネント(またはモジュール)を編集してそのままプレビューで確認することができます。 しかし、多くのCMSでは、ページ上のコンテンツコンポーネントを編集しているかのように見せていますが、本当のヘッドレスCMSとは言い切れないかもしれません。 ヘッドレスCMSについて正しく理解していただく必要があります。

APIファーストとは

APIの設計を中心として、サービスを構築していく手法です。 以前はWEBシステムだけを開発し、後付けでAPIを実装していく形でした。 しかしHTML出力とAPIは全く異なるため、多くの問題が発生してしまいます。

そのため、開発にかかるコストや時間が増えてしまっていたことが現状です。 APIの設計から進めておくことで様々なメリットを得ることができます。 なお、ヘッドレスCMSもAPIファースト設計で行われています。

ヘッドレスCMSが推進される要因

01.多くのデバイス、プラットフォームに対応が可能

従来のCMSでは、仕様変更を行うと場合によってはWebサイト全体に影響を及ぼすことが多々あり、結果としてWebサイトとしての質が下がってしまうケースがありました。 また、その際に無駄な修正作業で時間やコストがかかってしまうことが多いです。 一般のECサイトを開いた際に、「本日のセール商品」など、TOPページの上から表示されることがあると思います。 後ろの画面は開けているのにお知らせが表示されるまで時間がかかり、サイトを閉じてしまった経験はないでしょうか?従来のCMSは、専用のWebViewを作り表示させているためです。

ヘッドレスCMSでは、APIベースなのでWeb、android、iPhone、タブレット、スマートウォッチなど複数のデバイスに表示することが可能です また、Windows/Macなどの異なるプラットフォームにも対応することができます。 デバイスごとに最適な開発が行えるため、こういった問題が全体に干渉することがなく、最適化されたコンテンツ配信を可能とします。


02.静的なWebサイトと動的なWebサイトの切り分けが可能

一般的なCMSでは、静的なWebサイトから動的なWebサイトに変更したい場合は1から作り直しや、サイト自体を分けて作成しなければなりません。 サイト全体を静的、動的どちらに決める必要があるためです。 しかし、ヘッドレスCMSの場合は、途中から静的なWebサイトに変更したり、一部特定のページのみ動的なページにすることが可能です。 これにより、サイトの仕様変更やリニューアルの際に、無駄なコストを省くことができます。また、サイトを分けずコンテンツを集約することできるので質が高く、厚みのあるサイトになります。


03.APIファーストでフロントエンド開発者は自由度が上がる

JavaScriptベースのAngularやReactなどフロントエンドフレームワークを使用することができます これにより、コンテンツを活用したアプリケーションの構築速度が上がります。 また、フロントエンドとバックエンドが切り離されているため、フロントエンドの修正などがバックエンドに影響することがありません。 バックエンド側だけに負荷がかかるため、フロント側には影響せず表示速度を維持することができます。


04.無駄なコストを抑えられる

JavaScriptベースのAngularやReactなどフロントエンドフレームワークを使用することができます。 これにより、コンテンツを活用したアプリケーションの構築速度が上がります。 また、フロントエンドとバックエンドが切り離されているため、フロントエンドの修正などがバックエンドに影響することがありません。 バックエンド側だけに負荷がかかるため、フロント側には影響せず表示速度を維持することができます。

ヘッドレスCMSのリスク


  • 開発者の技術的難易度が高くなってしまう
  • ヘッドレスCMSは開発者が好きなフロントエンドのユーザーインターフェースを自由に選択できるので、素晴らしいユーザーインターフェースを持つアプリを提供できるかもしれません。 しかし、開発段階での負担はとても大きなものとなります。


  • 知見を持った技術者が少ない
  • コンテンツの編集者がSitecore(サイトコア)に対しての知見をしっかりもっているとは限りません。操作が曖昧な場合、関係のない場所を編集してサイトが正しく表示されなくなってしまうなどの問題が発生してしまうかもしれません。 このようなことを防止するために、Sitecoreでは、担当者がどこまでの範囲を操作できるかなどの権限設定を細かく行うことができます。


    ヘッドレスCMSについてより詳しい情報をお求めの方へ。
    まずはLYZONにご相談ください。

    まずはLYZONにご相談ください。
    ヘッドレスCMSを構築するならLYZONにお任せください
    お問い合わせ
    TEL: 03-5803-0587

    お問い合わせ・資料請求

    LYZONにご相談下さい

    ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

    お電話でのお問い合わせ

    03-5803-0587平日9:00~18:00