COLUMN コラム

モジュール

LYZON編集部

LYZON編集部

LYZONモジュール標準ツールの紹介①~サイトマップXML自動生成

LYZONモジュール標準ツールの紹介①~サイトマップXML自動生成、タイムトリガーパブリッシュ

LYZONモジュールとは、過去の様々なSitecore案件のノウハウをプログラム、開発フロー、設計書などを標準化したものです。
これにより、Sitecore構築の品質とスピードを同時に実現し、効率よくお客様にサービスを提供することができます。
この記事では、数あるLYZONモジュールの標準ツールの中から「サイトマップXML自動生成」をご紹介します。

LYZONのモジュール化について

01.

サイトマップXML自動生成

サイトマップXMLとは?

サイトマップは、検索エンジンのクローラーがサイトをナビゲートし、検索エンジンの最適化 (SEO) を改善するのに役立ちます。サイトマップを提供することで、検索エンジンがサイトをより効率的にクロールし、インデックスに含めやすくなります。
Webサイト内の各ページ情報(URLや優先度、最終更新日、更新頻度などの情報)を検索エンジン向けに記載したXML形式のファイル(sitemap.xml)のことです。

活用方法

通常は制限有の無料ツールや有料ツールがあり、各CMSで開発・プラグイン導入が必要となりますが、LYZONモジュールでは、サイトマップXML自動生成ツールをパッケージに含んでいます。
また、他社と比べてメディアライブラリに管理することができ、運用面でも大変優れています。

概要としては、例として以下のような事が可能です。

  • 正規ページとしてクロール対象とするURLsitemap.xmlへ記載し、毎日バッチで更新する
  • noindexの対象となるページはサイトマップに含めないようにすることで、検索結果に表示されないようにする
  • 除外したいディレクトリやファイルの記載を行い、不要なページがクロールされるのを防ぐ
  • メディアライブラリにサイトマップXMLファイルを管理することで、運用面での管理を容易にする

イメージ図イメージ図

02.

LYZONモジュールの標準ツールを活用してSitecore構築を最適化

サイトマップXML自動生成は、Webサイト内の各ページ情報(URL、優先度、最終更新日、更新頻度など)を検索エンジン向けにXML形式で記載します。また、メディアライブラリに管理することも可能です。

具体的な活用方法や、その他のLYZONモジュールの標準ツールについても知りたい方は、ぜひLYZONにお問い合わせください。



※エントリーの内容・画像等は、公開時点での情報に基づきます。
※Sitecoreのバージョンによって実装されている機能が異なります。

Sitecore導入に関するご相談・資料ダウンロード

導入をご検討・ご依頼の方や、サービスについてご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

5分でわかる!CMS比較資料ダウンロード

クリック・タップで拡大、試し読みできます
掲載コンテンツ
  • 世界のCMSについて
  • CMSポイント全体像
  • 大規模向けCMSの優れた機能
  • Web マーケティング...etc