SITECORE MANIA 技術ブログ

2020.02.03 その他

Yoshiki Morooka

Yoshiki Morooka

ロール、環境別にConfigを適応させる方法

Sitecore9からアプリケーションの機能別のロール設定が追加されました。

そのロールを利用することで環境の切り替えだけではなく、環境別にConfigを適応することができます。

 

Sitecoreの標準ロールは以下の種類が定義されています。

  • ContentDelivery
  • ContentManagement
  • Processing
  • Reporting
  • Standalone

この設定はWeb.configに下記の用に記載されます。

<appSettings>
  <add key="role:define" value="Standalone" />
</appSettings>

 

例えばConfigでローカル環境だけに適応させたい設定がある場合は

まず上記の設定にカスタムの環境名(今回はLocal)を追加します。

<appSettings>
  <add key="role:define" value="Standalone,Local" />
</appSettings>

 

※ 標準のロールが含まれていないとエラーになるため注意してください。

 ローカルのみ適応させたいConfigに下記のようにrole属性を付与します。

<configuration xmlns:patch="http://www.sitecore.net/xmlconfig/" xmlns:role="http://www.sitecore.net/xmlconfig/role/">
 <sitecore role:require="Local">
 **********************
 </sitecore>
</configuration>

※ configrationタグの属性に「xmlns:role」が必要なので、ない場合は追加してください。

 これで上記のConfigはWeb.configのロールに「Local」が設定されている場合のみ有効になります。

 「role:require」には単一の名前だけなく「or」や「and」の論理演算子を使用できるので「Standalone」かつ「Local」といった指定も可能です。

 <sitecore role:require="Standalone and Local">
 **********************
 </sitecore>

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00