SITECORE MANIA 技術ブログ

2019.09.27 その他

中鉢

中鉢

Sitecore Express Migration Toolの使い方

Sitecore(サイトコア)のバージョンアップをする際に、Express Migration Toolを用いるケースがあると思いますが、今回はその使い方を簡単にご紹介したいと思います。

まず起動すると下記画面のように、Sitecore versions(ページ上部)のSource version(移行元のSitecoreのバージョン)とTarget version(移行先のSitecoreのバージョン)を指定する必要があります。

Options to migrate(ページ中部)では、移行する範囲の指定をします。Migrate Web Forms for Marketers(ページ下部)では、WFFMの移行を行うかの指定をします。

 

 

次の画面では、移行元のsitecoreの接続情報(Source)、移行先のSitecoreの接続情報(Target)を記載します。

Use comparison instance(ページ下部)は比較インスタンスを用いる際にチェックを入れます。

 

 

   

次の画面では、実際に移行するCore、Masterのアイテム、ファイルの選択を行います。(下記画像はMasterの例)

選択時には、変更が加えられているファイルには可視化がされています。

 

 

Fileまで選択した上で次に行くと、下記画面のように移行が開始されます。

 

 

移行が問題なく終了すると、下記画面のようになります。

DBのアイテムや、ファイルが移行されていることが確認出来れば完了です。

※カスタムされている設定ファイルなどは、移行先の環境に設定を変更する必要もあるので注意が必要です。

 

  

 

Sitecoreのバージョンアップのやり方は上記だけに限らず、その環境やカスタムしたファイルの有無にもより、様々な方法があると思いますが、

Express Migration Toolを使用する際は本記事を参考にしてみてください。

 

<参考ページ>

Sitecore Express Migration Tool

https://dev.sitecore.net/Downloads/Express_Migration_Tool.aspx

Sitecore Express Migration Toolを使ってみた

https://www.pine4.net/Memo2/Article/Archive/express-migration-tool-at-a-glance

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00