SITECORE MANIA 技術ブログ

2021.08.31 その他

山口

山口

バケットの作成方法

初めに

コンテンツエディタにて、製品情報のような莫大な件数のデータを同一フォルダに登録すると、表示が重くなります。

それを解消するのがバケットとなります。

バケット保存先を作成

フォルダを作成して、配下にアイテムを作成します。

バケット化するアイテムを指定

バケット化するアイテムのItemBucketsセクションのBucketableに、チェックを入れます。

今回はitem0000からitem0004までを、バケット化の対象にします。

バケット化の実行

バケット化の対象とするフォルダを、選択します。
上部メニューのConfigureタブのBucketを、押します。

バケット化が完了すると、下図のようになります。

注意点

バケットを利用するにあたって注意する点をまとめます。

パス構造が自動的に変更される

バケット化する際に、個々のアイテムへのアイテムパスを、バケット内のアイテムパスに、Sitecoreが自動的に変換します。

上記の例では、下表の様に変換されます。

 変更前  変更後(例)
 /sitecore/content/Home/Bucket/item0000  /sitecore/content/Home/Bucket/2021/08/16/01/14/item0000
 /sitecore/content/Home/Bucket/item0001  /sitecore/content/Home/Bucket/2021/08/16/01/14/item0001
 /sitecore/content/Home/Bucket/item0002  /sitecore/content/Home/Bucket/2021/08/16/01/14/item0002
 /sitecore/content/Home/Bucket/item0003  /sitecore/content/Home/Bucket/2021/08/16/01/14/item0003
 /sitecore/content/Home/Bucket/item0004  /sitecore/content/Home/Bucket/2021/08/16/01/14/item0004

アイテムパスが変更されてしまうので、アイテムパスを使用する機能の開発には注意が必要です。

バケット化されたアイテムの参照方法

バケット化したアイテムは、下記の手段で参照できます。

検索する

検索機能を使ってアイテムを検索し、参照することができます。

バケット内を階層表示する 

ViewタブのBucketsにチェックを入れることで、階層構造を表示できます。

コンテンツエディタで、バケット内のアイテムの構造を確認できます。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00