SITECORE MANIA 技術ブログ

2021.08.23 その他

濱村

濱村

アイテムパッケージインストール時のコンフリクト解消オプションについて

インストールオプションについて

 

パッケージアイテムをインストールした際に、インストール先とインストール元で同じアイテムIDのアイテムが存在した場合、アイテムの衝突が発生してしまいます。

この衝突を回避するオプションは複数あります。

今回の記事では、複数あるオプションのそれぞれの動作について説明します。

上書き

上書きオプションは、パッケージのツリーをそのまま反映させるオプションです。

今回は、例として画像1のようなアイテムツリーに対して画像2をパッケージしたものを上書きします。

 

画像1

  

画像2

 

画像1と画像2のツリーの違いは、画像1はsample3というアイテムがあるのに対して、画像2ではsample6というアイテムを作成しています。

この画像2のパッケージで上書きを行うと下記のようなアイテムツリーになります。

 

インストール先のsample3は、パッケージに含まれていなかったため、アイテムツリーから消えてしまいました。

このように、上書きオプションでは、アイテムツリーに含まれていないサブアイテムは、消えてしまうので注意しましょう。

 

結合-クリア

結合-クリアオプションでは、同じアイテムはパッケージ側のアイテムに上書きされますが、インストール先でパッケージに含まれていないアイテムは、上書きと違い削除されません。

画像1のsample1アイテムにバージョンを追加します。

画像2の状態との差異はsample1のバージョン、sample3,6の有無です。

  

 

このアイテムツリーに画像2のアイテムツリーのパッケージを結合-クリアオプションで結合します。

結果は下記のようになりました。

  

バージョンで差異があったsample1はパッケージのアイテムが適用されました。

また、sample3,6に関してはどちらもアイテムツリーに含まれる結果となりました。

 

結合-追加

結合追加オプションは、既存のアイテムに新しいバージョンを作成してパッケージアイテムを追加するオプションです。

バージョン1のsample1の「タイトル」フィールドにBeforeと入力します。

  

「タイトル」フィールドにAfterと入力したバージョン1のsample1アイテムでパッケージを作成します。

 

このパッケージを結合-追加オプションで結合します。

結果は下記の通り「タイトル」フィールドの値がAfterのバージョン2のアイテムが追加されました。

 

結合-結合

結合-結合オプションは、既存アイテムのバージョンとパッケージアイテムのバージョンが一致した場合、パッケージアイテムの情報で上書きするオプションです。

結合-追加と同じ条件でパッケージをインストールし、結合-結合オプションで衝突を解決します。

 

 このように、バージョンが一致したアイテムはパッケージアイテムの情報に書き換わってしまいます。

既存の情報を消したくない場合は結合-追加オプションを使用するのがいいかと思います。

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00