SITECORE MANIA 技術ブログ

2021.05.11 その他

岡田

岡田

SIサーバーの無効化方法

1. SIサーバーとは

Sitecore Identityの略で、Sitecore9から導入された連携認証機能です。
xConnectと同じようにIIS上にもう一つサイトが建つ形で導入されています。
外部プロバイダからのログインの需要が高まっているため、Sitecoreでも外部プロバイダIDを利用してSitecoreにログインできるようにシステムを構築することができます。

2. SIサーバーの役割

1番で記載した通り認証機能を持っています。Sitecore9.1以降はデフォルトでこの機能が有効となっているため、Sitecoreの管理画面にログインする際にSIサーバーに問い合わせに行きます。

3. 無効化の理由

認証が設定されているURLのみで行われるため、ローカル開発の際や、サイトを複数作成する場合に邪魔になってしまう場合があります。
新しいログインページエンドポイントが提供されているため、SIサーバーがない場合は/sitecore/loginのようなURLでログインできましたが、URLの形式が変わっており様々な設定を変更しなくてはなりません。

4. 無効化の方法

「App_Config\Include\Examples」配下に「Sitecore.Owin.Authentication.Disabler.config.example」と「Sitecore.Owin.Authentication.IdentityServer.Disabler.config.example」というファイルがあるので、この2ファイルを利用します。
中身を見て見ましょう。

・Sitecore.Owin.Authentication.Disabler.config.example

    












・Sitecore.Owin.Authentication.IdentityServer.Disabler.config.example

    






false









それぞれloginに対して認証の設定である項目を「false」に設定していることがわかると思います。 これを自分が管理しているconfigフォルダの中にファイル名から「.example」を消した状態で配置するとSIサーバーが無効化されます。

SIサーバー無効化前のログイン画面

SIサーバー無効化後のログイン画面

上述の画像のように画像下側の「Go to login」が消えているのが目印です。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00