SITECORE MANIA 技術ブログ

2020.08.21 その他

チョク

チョク

サイトコアクライアントのログインセッションの保持期間の変更について

概要

サイトコアクライアントのログインセッションとは、サイトコア管理画面にログインした後ログアウトするまでの、ログインが保持された状態を指します。

非アクティブな状態が、設定したログインセッションの保持期間分だけ継続すると、セッションが切断されて、ログアウトしてしまいます。

本ページでは、ログインセッションの保持期間の変更方法と、期間を長めに変更するメリットとデメリットについて、説明します。


変更方法

下記の設定の「value」で、ログインセッションの保持期間(分)が定義されます。

    

・「Sitecore 8」以前では、「Web.Config」内に定義されています。

・「Sitecore 8」以降では、「App_Config\Sitecore.Config」内に定義されています。


上記のファイル内の「value」設定を変更することで、ログインセッションの保持期間(分)を変更できます。

設定値の変更に際しては、直接的なファイルの編集ではなく、パッチファイルでの変更が推奨されています。

エディタにて、「value」値を、希望するログインセッションの保持期間(分)に指定して、下記の内容を作成します。拡張子「.config」のファイルとして、「App_Config\Include」内に配置すれば、既存の値が上書きされます。


  
    
      
        180
      
    
  


期間を長めに変更するメリットとデメリット

メリット

・「リッチテキストエディタ」での作業は非同期であり、非アクティブ状態に該当します。そのため、編集作業をしていても、60分(デフォルト値)を経過するとログインセッションが切れてしまいます。編集した内容が保存できなくなる可能性を、減らす事ができます。


デメリット

・ユーザーがログアウトせずにブラウザを閉じた場合、ログインセッションは設定された保持期間分だけ続きます。サイトコアに同時にログインできるユーザー数が上限に達してしまうと、それ以上はログインできません。不用意なセッション切断により、ログインできなくなる可能性が生じます。



以上になります。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00