SITECORE MANIA 技術ブログ

2019.08.27 管理機能

築地

築地

Unicornで管理する Sitecore(サイトコア)アイテムの指定方法

Unicornを用いて、 Sitecore(サイトコア)のアイテムを管理する場合の指定方法をご紹介します。(他社の技術ブログで割愛されていたので説明させていただきます。)


Unicornとは?

Unicornは、シリアル化(Sitecoreアイテムをデータベースからファイルシステムへ変換)を実現する、オープンソースのツールです。
Sitecoreのアイテムやテンプレートをシリアル化して、Git上で管理することができます。


指定するときのポイント

管理するアイテムを指定するファイルは、Unicorn.Default.confgです。

ファイル内の、predicateタグ内のincludeタグ内のpath属性で、管理するアイテムのパスを指定します。
同様に、excludeタグ内のpath属性で、除外するアイテムのパスを指定します。


ポイント1
path属性の末尾に「/」を付加するか否かで、意味合いが変わりますので、注意が必要です。

  • 「/」指定なし:指定したフォルダを含む配下
  • 「/」指定あり:指定したフォルダを含まない配下

例1

<predicate>
    <include name="Contents" database="master" path="/sitecore/content/Home">
        <exclude path="/sitecore/content/Home/works/"></exclude>
    </include>
</predicate>

下図の範囲のアイテムが取得できます。

sitecore_item_scope


ポイント2
Sitecoreのアイテムを除外する条件は、テンプレートIDやアイテム名などでも指定できます。

例2

<include name="Contents" database="master" path="/sitecore/content/Home">
    <exclude templateId="{C58C5E99-5AAD-4FD0-B804-FA57ED754526}" />
    <exclude namePattern="^__Standard values$" />
</include>



参考

SitecoreUnicornSerialize

SitecoreUnicorn

SitecoreUnicornSampleConfig

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00