大企業向けソリューション

「セキュリティ」「パフォーマンス」を向上させる

大規模サイトに適した
インフラ構築

  • 表示速度
    改善
  • セキュリティレベル
    向上
  • 緊急事態
    対応できる体制

こんなお悩みありませんか

サイト全体のインフラを見直しパフォーマンスを高めたい

サイトの表示速度はビジネスに直結する重要なポイントです。Googleによる調査ではサイトが表示されるまでに3秒以上かかると53%のユーザーは離脱してしまうというデータがあります。サーバーの構成や負荷分散状況の改善でユーザーが快適にアクセスできるインフラ環境の整備が求められます。

サイバー攻撃に備えてセキュリティ対策を強化したい

マルウェア感染や不正アクセスによる機密情報の流出、DDoS攻撃によるサーバーダウンなど、対策を怠ると重大なインシデントにつながるおそれがあります。攻撃の手法も年々変化するため、定期的に対策を見直す必要があります。

BCP対策をしたいが、どう進めたら良いかわからない

BCP対策とは、自然災害、人的災害を含めた不慮のアクシデントが起こった際も重要な業務を中断させず、事業を継続可能にするためのものです。監視すべきポイントや対応項目の優先度は企業によって異なります。想定されるリスクの発生確率や影響の大きさを自社の業務プロセスをふまえて正しく分析するためにはノウハウが必要です。

  • CDNを導入したが期待するパフォーマンスが出ない

    サイトに適したサービス選定や設定ができていないと、スムーズなコンテンツ配信ができない場合があります。

  • 一時的な大量アクセスによるサーバーダウンを防ぎたい

    アクセス集中時にサーバーダウンさせないためには、スケーラビリティを考慮したサーバー構成が求められます。

  • インフラコストが適切かわからない

    外部サービスの選定や設定が最適でなく、必要以上にコストがかかっている場合があります。

そのお悩み解決できます!

01

スケーラビリティを考慮したサーバー構成とCDN導入でパフォーマンスを改善

最適なCDNの導入・設定によるサーバーの負荷分散や、オートスケールが可能なサーバー構成により、安定性向上や快適な表示速度の維持、インフラコストの最適化を図ります。
一時的な大量アクセスによるサーバーダウンやサイト表示速度の低下を防ぐと同時にDDoS攻撃への対策としても機能します。

02

大規模サイトに必要なセキュリティレベルでインフラ環境を構築

サイトの規模が大きいほど、サイバー攻撃による情報流出やサーバーダウンの影響が大きく、高いレベルでのセキュリティ対策が求められます。WAFの導入をはじめとしたサーバーへのセキュリティ対策強化や、適切なアクセス制限によりセキュリティレベルを向上させます。

03

BCP対策・DR対策の策定と運用フローの確立で緊急事態に備える

緊急事態に即応できる体制を整えるため、リスクアセスメントの実施、重要業務の特定、代替手段の確保、復旧プロセスの策定などを実施します。また、関係者への周知・訓練を実施し、実際に対応できる体制を整えます。

LYZONには実績があります

大規模サイト開発に伴うインフラ構築実績を多数持つLYZONが考慮すべきポイントを解説します

ソフトバンク株式会社様

複数サイトの新規構築と、月間5億PVを超えるアクセスに耐えるインフラ設計を実施

帝人株式会社 樹脂事業本部様

Azure基盤でのインフラ設計見直しと運用・保守

損害保険ジャパン株式会社様

BCP対策の策定と実際の対応までを遂行

大規模サイト インフラ構築
のポイント
ダウンロード

サイトパフォーマンス改善、コスト抑制につながるナレッジ!

  • 表示速度改善
  • オートスケール化
  • CDN導入・最適化
  • インフラコスト削減
  • DDos対策
  • WAF導入
  • IPS/IDS導入
  • BCP・DR対策
大規模サイトのセキュリティ対策・インフラ構築のポイント

ウェブサイトの開発及び運営におけるセキュリティ管理には、アプリケーションレベルでのセキュリティ担保だけではなく、インフラ環境のセキュリティ対策強化も極めて重要です。

大規模サイト インフラ構築
のポイント
ダウンロード

サイトパフォーマンス改善、コスト抑制につながるナレッジ!

  • 表示速度改善
  • オートスケール化
  • CDN導入・最適化
  • インフラコスト削減
  • DDos対策
  • WAF導入
  • IPS/IDS導入
  • BCP・DR対策
その解決策で本当に大丈夫?こんなケースに陥ることも

依頼先ベンダーの知見や技術力によっては、せっかく対策をしても思うような効果が出なかったり
逆に重大なインシデントを引き起こす原因になってしまう場合があります。

ケース1

パフォーマンス対策の落とし穴

  • CDNサービスの選定や設定が適切にできていない
  • サーバの拡張性を上げたものの、運用計画がしっかりできていない

CDNサービスには動的コンテンツ配信に適しているものと適していないものがあります。例えばリアルタイムで在庫が変動する商品情報や物件情報を扱うような動的コンテンツの配信が多いサイトの場合、静的コンテンツにしか対応していないCDNでは得られるメリットが少なくなってしまいます。また、CDNは基本的にデータ転送量に応じた課金体系になっていますが、しきい値がサービスによって異なっていたり、リクエスト回数に応じた料金体系になっているサービスの場合、無効なリクエストへの課金有無によりコストが大きく異なり、場合によっては2倍以上のコスト差になってしまうこともあります。

コストに関しても、サーバーのオートスケールを可能にしたものの、具体的にどのようなタイミングで何にどれだけ料金がかかるのかや、サポートの範囲や費用を把握できていないと想定以上のコストがかかってしてしまう場合があります。加えて、CDNの設定とも連動しますが、キャッシュを利用して配信するコンテンツとそうでないコンテンツの取捨選択が適切でない場合、パフォーマンスの低下につながります。高負荷になった場合の挙動やトラブル発生時のシュミレーションをあらかじめ入念にしておく必要があります。

ケース2

セキュリティ対策の落とし穴

  • セキュリティレベルがサイトの規模に見合っていない
  • 運用に合ったセキュリティ設計になっていない

サイトのセキュリティレベルはその規模と複雑さに応じて適切でなければなりません。特に大規模なサイトでは、インフラの構成が複雑化しているため、攻撃やエラーが発生した際の影響範囲を予測し、それに対する対策を事前に検討する必要があります。WAFやIPS/IDSなどのセキュリティソリューションを導入する際には、そのカバー範囲を正確に理解し、適切な設定が行われていることが重要です。また、CMS自体の選択もセキュリティに影響を与えます。例えば、WordPressのようなオープンソースCMSはソースコードが公開されているため、脆弱性を突かれやすくなります。ライセンスコストが無料であるというメリットもありますが、サイバー攻撃による情報漏洩のリスクを考えると、その損害は計り知れないものになる可能性があります。したがって、場合によってはCMSの選定からセキュリティ対策の見直しが必要です。

適切なセキュリティレベルを理解し、サイトの規模に合わせた対策を提供できるベンダーでない場合、セキュリティの考慮漏れが起き、必要な対策が施されない原因となり得ます。

ケース3

BCP対策の落とし穴

  • DR対策との違いが曖昧なまま設計している
  • マニュアルの周知や訓練ができていない

DR対策とはディザスタリカバリ(Disaster Recovery)の略で、地震・台風、豪雨といった災害が発生した場合に備えるためのもので、BCP対策のひとつとして含まれるものです。BCP対策(事業継続計画:Business Continuity Plan)は、自然災害以外にも例えば人的ミスによる情報流出や、サーバ機器の故障、利用している外部サービスの緊急停止といったあらゆるトラブルを想定して策定する必要があります。また、対策方針を決めたものの、初動のマニュアルが必要なメンバーに周知されておらず実施訓練もされていなかったり、策定した内容が古いままだといざという時に対応ができなくなってしまいます。

大規模サイトのインフラ構築にはベンダーの選定が重要です。

見極めポイント1

大規模サイトのインフラ設計から運用までの実績があるか

  1. 大規模サイトに求められる安定性を十分に理解しているか
  2. 保守・運用までを見据えた設計ができるか

中小規模のサイトであれば影響範囲が小さいトラブルでも、大規模サイトでは大きな問題や損害に発展してしまうことがあります。
アクセス数の多いサイトほど、わずかな時間のエラー発生であっても、売り上げやユーザーからの信頼度に大きく影響します。
大規模サイトに求められる稼働の安定性を十分に理解した設計ができ、実際の運用に関する知見のあるベンダーであることが大切です。

見極めポイント2

サポート体制が整っているか

  1. トラブル発生時の具体的な対応策が明示できるか
  2. エンジニアとの連携が取りやすい体制か

サーバーダウン、人的ミスによる重大なエラーなど、万が一の事態が発生した際にいかに早く適切な対応ができるかが重要です。
エンジニア業務を下請けの開発会社に委託しているようなベンダーの場合、スムーズにエンジニアとの連携がとれず初動が遅れ、復旧までに想定以上の時間がかかってしまうということはよくあるケースです。
ベンダー側の組織体制やスムーズなコミュニケーションがとれるかどうか、トラブル発生時の具体的なマニュアルを用意できるかといった点も選定のポイントです。

LYZONだから解決できること

強み①

大規模会員サイト、イントラサイトの構築実績があります

大手メーカーのお客様向けサイトや、数十万人の従業員を抱える上場企業の社員向けイントラサイトなど、利用者の多い会員向けサイトの構築実績が多くあります。
顧客の個人情報保護に対する適切なセキュリティ対策と、認証基盤との連携を通じて一元化されたID管理を実現し、セキュリティとユーザビリティを両立させるサイト構築が可能です。
また、サイトが稼働した後も、機能の追加や改修を含む、継続的なサポートを提供しています。これにより、顧客の変化するニーズに柔軟に対応し、サイトを最新の状態に保つことができます。
ユーザーにとっても企業側にとっても安心して利用できる信頼性の高いサイトづくりを目指します。

強み②

データ連携により顧客体験を飛躍的に高めます

CMSとCDP/DMP、SFAやCRMの連携開発を行い、Webサイトで収集した情報をそのまま蓄積することができ、同時に各システムが独立して蓄積している顧客データを一箇所に集約することを可能にします。
このデータ一元管理により、顧客の行動や嗜好、購買履歴などの多岐にわたるデータを部門をまたいで共有し、解析することができるようになります。
また、データ連携によりコーポレートサイトと会員サイトをシームレスに一体化することで、顧客に一貫したブランド体験を提供することができます。
会員サイトを通じたマーケティングや会員向けのサービスなどにおいてよりパーソナライズされた顧客体験を会員に提供することを可能にし、リピーターの増加、顧客LTVの向上を狙う施策の基盤となる会員サイトを構築します。

強み③

会員サイトを通じた顧客接点の強化で、業務フローを改善します

基幹システムやPIM(製品情報管理)システムをSaaSと連携させ、独自のサービスを効率良く展開し、同時に業務フローを大幅に改善します。
データの一貫性を保つことで、リアルタイムでの在庫管理や、顧客データをもとにしたレコメンドやリワードの表示、配送システムとの即時連携などが可能になります。
これにより、顧客満足度を向上させながら、社内プロセスの効率化を実現します。

強み④

AI活用の基盤づくりをします

AI技術の進展は目覚ましく、これらの利用はWebサイト運営における新たなスタンダードとなりつつあります。
チャットボットやシミュレーション、レコメンドなど、AIは、ユーザー体験をパーソナライズすることから、データ解析、顧客サービスの自動化に至るまで、さまざまな形でWebサイトに統合されています。しかし、AIを効果的に運用するためには、適切な基盤の整備が必須となります。大量のデータを処理し、リアルタイムでの予測とアウトプットを提供する能力を持たせるには、データ構造が整っている必要があります。
LYZONでは、複数システムの連携によるデータ活用基盤の整備を行うとともに、Microsoft CopilotをはじめとするAIサービスの導入も推進いたします。

大規模サイト インフラ構築
のポイント
ダウンロード

サイトパフォーマンス改善、コスト抑制につながるナレッジ!

  • 表示速度改善
  • オートスケール化
  • CDN導入・最適化
  • インフラコスト削減
  • DDos対策
  • WAF導入
  • IPS/IDS導入
  • BCP・DR対策
LYZONの強み

「使いやすい」CMSを作る01

  • 運用を見据えたCMS設計・開発
  • レベルの高いCMSテンプレート開発
  • 誰もが更新しやすいコンテンツへ

高品質をスピーディーに提供02

  • 自社完結のクリエイティブ集団
  • 在籍エンジニアとのスムーズな情報連携
  • 独自の標準フローで短納期を実現

WebDXのノウハウ03

  • 認証基盤連携
  • PIM(商品情報管理)連携
  • CRM、SFA連携

モジュール化・標準化04

  • 一般的なサイトの構成、機能をモジュール化
  • マルチデバイス対応、アクセシビリティ対応
  • 開発フロー、体制を標準化
LYZONの強みを詳しく見る

Web に関するお困りごとは
お気軽にご相談ください

お問い合わせ