SITECORE MANIA 技術ブログ

2017.12.15 コードサンプル

岡田

岡田

言語バージョンを指定してアイテムやアイテムの一覧を取得する方法

言語を指定してアイテムを取得するときは「Sitecore.Context.Database.GetItem(itemId, language)」などで取得する方法があると思いますが、
LanguageSwitcherを使用すれば、毎回指定しなくても範囲内であれば指定言語のまま処理をすることが可能になります。

string changeLang = "en";
using (new Sitecore.Globalization.LanguageSwitcher(changeLang))
{
	// ここに処理を書く
}

上記のようにusingで括った中で書いたものはすべて指定した言語でアイテムが取得されます。
例ではstringを入れていますが、LanguageSwitcherはstringとLanguageの両方の型に対応しています。

「Sitecore.Globalization.LanguageSwitcher」はSitecore.Context.Languageを変更してくれます。

他にも「Sitecore.Sites.SiteContextSwitcher」や「Sitecore.Security.Accounts.UserSwitcher」などがあり、上記と同様にContextで取得されるSiteやUserを切り替えることができます。

以上です。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでます

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00