SERVICE サービス

Sitecore Experience Accelerator

Sitecore Experience Acceleratorによる直感的で簡単な新しいコンテンツ編集

Sitecore Experience Accelerator とは

Sitecoreの編集機能に統合されたSitecore Experience Accelerator(以下SXA)は、
再利用可能なテンプレート形式のUXレイアウトとコンポーネントを提供し、
迅速な起動・稼働を可能にするソリューションです。
SXAは、主に迅速かつ簡単にサイトの構築ができるような機能が備わっています。

ドラッグ&ドロップ ツールボックス

SXAにはナビゲーションやコンポジット(複合)、ページコンテンツ、タイトル、リッチテキストなどのページを作成するパーツが標準で提供されています。これらのパーツをツールボックスから選択してドラッグ&ドロップで好きなように配置して簡単にページを組み立てていくことが可能です。HTMLの知識がなくても直感的にページを作成することができます。

ドラッグ&ドロップ ツールボックス

ワイヤーフレームモードを使用したサイト構築

ワイヤーフレームをSitecore上で作成可能です。そのまま静的HTMLとしてもエクスポートできるので効率性が高まり、ページの作成スピードが格段に上がります。

ワイヤーフレームモードを使用したサイト構築

モバイルファースト(レスポンシブ、アダプティブの両方に対応)

SXAで構築するサイトはデフォルトでレスポンシブデザインであるため、作成者がレスポンシブ対応のエキスパートでなくても簡単にレスポンシブ対応のページを作成することができます。もちろん、アダプティブデザインも利用することが可能です。

モバイルファースト(レスポンシブ、アダプティブの両方に対応)

コンテンツエディターとの違い

コンテンツエディター エクスペリエンスエディター Sitecore Experience Accelerator
HTMLを知らない人でも作業ができる
見たまま編集ができる ×
パーソナライズ設定
設定値の編集 ×
共通コンテンツの編集 × ×

SXAのメリット・デメリット

”SXAを使えばコンテンツ作成が簡単になり、開発コストも抑えられ、良いことばかり”と思われている方も多いと思います。
まだまだ日本では情報の少ないSXAですが、いち早く開発、運用に携わってきたLYZONだから知っている
メリット・デメリットをご紹介します。

メリット

ワイヤーフレーム
Sitecore上でワイヤーフレームを作成し、静的HTMLとしてエクスポートが可能

SXAでは、Sitecore上でワイヤーフレームを作成でき、同時に静的HTMLとしてエクスポートできるので、今までにないほど速くページの作成が可能です。
LP(ランディングページ)の作成や更新に最適です。

ワンクリックでページのデザイン変更
ワンクリックでページのデザイン変更が可能

SXAでは、メディアライブラリ内でBaseテーマ・ワイヤーフレームテーマ・デザインテーマが管理でき、ワンクリックで簡単にページのデザインを変更することができます。

デメリット

管理部分はコンテンツエディターに頼る必要がある
管理部分はコンテンツエディターに頼る必要がある

Sitecoreは、ページごとに細かく機能を制御できるのが特徴でもありますが、SXAでは見たままのページを編集することに特化しているため、細かい制御には対応しておらず、コンテンツエディターに頼らないといけないのが実情です。
そのため、細かくページを制御、カスタマイズしたいと考えているお客様は注意が必要です。

SXAの運用ができるベンダーが少ない
SXAの運用ができるベンダーが少ない

日本国内では、SXAの運用ができるベンダー会社がまだまだ少ないのが実情です。
「SXAを使用しているが運用できるベンダーが見つからず困っている」というお客様も最近は増え、実際にお問い合わせをいただいています。 LYZONではSXAの提供時からSitecoreの研修や勉強会にも参加し、知識、ノウハウを蓄積してきました。
実際に、SXAでのサイト構築やサイト運用の実績もあります。


SXAでお悩みのお客様へ。
LYZONがしっかりとお悩みをお聞きし、
最適な解決策をご提案させていただきます。

まずはLYZONにご相談ください。
「SXAについてもっと知りたい」、
「SXAとコンテンツエディターで悩んでいる」、
「SXAの運用で悩んでいる」など
お問い合わせ
TEL: 03-5803-0587

開発手順の違い

SXA の開発手順は通常のSitecoreと異なります。
その違いを簡単にご紹介します。

従来のSitecoreの構築手順

SXAの構築手順


SXAの運用の強み

SXA の強みはなんといっても運用のしやすさだと思います。
そんなSXAの運用の強みを簡単にご紹介します。

01."見たまま編集"で簡単に修正できる

"見たまま編集"とは実際に公開されているページと同じ見た目のまま編集できる機能です。
従来のSitecoreのコンテンツエディターでは、編集したい箇所を探すのに時間がかかったり、修正した際の見え方がプレビュー機能を使わないと確認できませんでした。

SXAではエクスペリエンスエディターの見たまま編集が使用できるので、実際のページのデザインのまま、修正ができるので編集したい箇所がひと目でわかり、修正後の確認もそのまま行うことができます。

02.ツールボックスのコンポーネントで簡単にページ作成が可能

SXAでは標準で80ほどのパーツが提供されており、運用担当者はこれらのパーツを置きたい場所にドラッグ&ドロップで配置していくだけで簡単にページを作成することができます。

従来のSitecoreのコンテンツエディターでは、運用担当者に操作の研修などが必要でしたがSXAは"見たまま編集"や、"ドラッグ&ドロップ"など直感的な操作が多く、SXAの知識がなくとも操作することができることが特徴です。

03.1つのSitecore上で複数のサイト運用が可能

SXAでは1つのSitecoreインスタンス上で複数のサイト運用が可能です。
そのため、運用担当者はそれぞれのCMSを行き来することなく、ツリー上のテナントアイテムをクリックするだけで更新や修正を行いたいサイトへ移動することができます。


実績紹介

東京工業大学 地球生命研究所様 SXAサイト構築
東京工業大学 地球生命研究所様

日本初のSXAを使用したサイト構築を行いました。

自社サービス SXAデモサイト
自社サービス SXAデモサイト

自社でSXAのデモサイトを構築しました。


Sitecore Experience Accelerator の構築・運用でお困りでしたら
まずはLYZONにご相談ください。

まずはLYZONにご相談ください。
「SXAについてもっと知りたい」、
「SXAとコンテンツエディターで悩んでいる」、
「SXAの運用で悩んでいる」など
お問い合わせ
TEL: 03-5803-0587

お問い合わせ・資料請求

LYZONにご相談下さい

ご依頼ご質問等まずは私達にお気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

03-5803-0587平日9:00~18:00